【HWF2017講師】リビング新聞編集長|和田 直子

講演内容

ワークライフバランスならぬ「夫婦ライフバランス」とは?
~秘密結社 主夫の友 構成員×リビング新聞編集長のトークセッション~

<講師>
和田 直子氏(リビング新聞編集長)
杉山 ジョージ氏(兼業主夫放送作家)

<内容>
『政府が女性管理職を2020年までに30%に高める目標を打ち出したなら、主夫も30%にしなきゃダメじゃね?』と言うことから、”志はマジメに、手段はやわらかく”と軽いノリと暇つぶしで結成されたのが、「秘密結社 主夫の友」。彼らの目的は、「主夫を増やす」ことではなく、「選択肢を増やす」こと。夫婦どちらかが負担を抱え込むのではなく、その時その時の状況に応じて、柔軟に生きられる社会を目指しています。 一方、“家事には休みがない”と感じている多くの主婦(主夫)のために年3回の【主婦休みの日】を制定し、キャンペーンを行っているのがリビング新聞。兼業主夫・杉山ジョージと編集長・和田直子の熱いトークバトルセッションをお楽しみに!

<日時・ステージ>
2017年3月8日(水) 【S-7】16:10〜16:50
@渋谷ヒカリエ 8/COURT 

Profile

サンケイリビング新聞社 リビング新聞編集長

昭和59年お茶の水女子大学文教育学部教育学科卒業、同年株式会社サンケイリビング新聞社入社。
経理担当、ネットワーク社調整担当、秘書、リビングまちだ・さがみ編集長、リビング新聞都内5版編集長を経て現職。
男子4人の母。全員成人し、うち2人は結婚、孫2人。孫可愛さにもまして、子どもが男子ばかりだったため、嫁が可愛くて仕方なく、過剰物品贈与中。「おひとりさまの老後」問題と共に、そろそろ目前に迫ってくると予想される介護や相続問題に頭を悩ませている。