共創パートナー|HAPPY PROJECT

共創パートナー

幸せな未来共創

幸せ共創プラットフォーム|HAPPY PROJECT|ハッピープロジェクト

業界や組織の壁を越えた『共創パートナー』で幸せな未来づくりを

グローバル化とともに世界的に注目されている「ダイバーシティ(多様性)」において、女性の活躍は大きなカギを握っています。
HAPPY WOMAN®︎では、業界や組織の壁を越えて取り組む『共創パートナー』を展開しています。

同じ志のメンバーが集結し、このプラットフォームを通じて国内のジェンダー・ギャップを縮小し、すべての人が真に活躍するジェンダー平等社会の実現を目指します。

共創パートナー|HAPPY PROJECT

HAPPY WOMAN®️は、共創パートナーの皆様と共に
ジェンダー平等社会実現に向けて活動しています。

SDGs|HAPPY WOMAN
HAPPY WOMAN®は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

共創パートナーの目的

1)業界や組織の壁を超えて、共通の目標に向けて高め合うことのできる場を創出する
産官学民が連携し、持続可能で幸せな未来を「共創」できる場を創出します。


2)社会課題解決への取り組みを「共創」し、社会に貢献する
「共創」にてモチベーションとイノベーションを生み出し、課題解決、働き方改革に繋げます。


3)国際女性デーを通じて女性のエンパワーメントとジェンダー平等社会を実現する
毎年3月8日の国際女性デーを社会的ムーブメント化し、女性のエンパワーメントとジェンダー平等社会を実現します。


共創パートナー5つのメリット

MERIT01|メリット1

ブランディング

企業は単に利益を上げるだけでなく、環境問題やジェンダー平等など、社会的課題に取り組むことが求められています。こうしたサステナビリティ、社課題解決に向けて積極的に取り組み、社会的責任を果たす企業としての認知向上が重要になってきます。HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様の取り組みを、WEBサイトやイベント、各種メディアでの報道などを通じて社会に広く情報発信します。

新卒採用につながるブランディング

新卒採用において、企業のサステナビリティや社会貢献への取り組みを重視する学生が増えています。少子化が進むなか、若手人材、優秀な学生の確保においても求職者に対する情報伝達が不可欠です。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様の取り組みを、広く社会に情報発信し、採用における若手人材の志望度向上に寄与します。

インナーブランディング

社員にとってサステナビリティや社会貢献への取り組みは、自社の社会的評価やブランドイメージ向上に結びつくため、帰属意識の強化やモチベーションアップにつながります。企業の積極的な取り組みで社員のエンゲージメントも高めることが重要です。取り組みに対する理解と共感を得るため、ビジョンと施策をしっかりと社内で共有できるようにする必要があります。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様の取り組みを、広く社会に情報発信すると共に、社員のイベントへの参加、イベント運営などのボランティア活動への参加などの機会をご提供します。

MERIT02|メリット2

消費者へのイメージアップ

自社の商品やサービスが消費者から選ばれるためには、他社にはない価値を提供することが必要になります。しかし、現代市場においてすでに飽和している状態となっている中、今後の差別化の要素として、サステナビリティや社会貢献に繋がる要素が重要なになってきます。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様の商品やサービスにおける訴求のサポートをさせていただきます。

MERIT03|メリット3

新たなステークホルダーとの関係性向上

1社だけでは社会課題の達成は困難です。同じ目標に向かって取り組む企業や、社会的課題に取り組むソーシャルセクターとの関わりが重要です。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様は、ポジティブな活動での結びつきにより、友好的な関係の構築、新たなステークホルダーや取引先との関係性向上に寄与します。

MERIT04|メリット4

新たなビジネス機会の創出

社会課題解決に繋がるアイデア、技術や製品、サービス開発など、新たなビジネスチャンスの創出が重要視されています。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様を結びつける可能性を追求し、同じ目標を掲げる企業同士のパートナーシップから、新たなビジネス機会創出を目指します。

MERIT05|メリット5

ESG(株主・投資家)に対する活動の訴求

環境や社会に配慮して事業を行い、適切なガバナンス(企業統治)がなされている会社に投資する「ESG投資」が注目をています。その中で、自社の取り組みを適切にステークホルダーに認知拡大する必要があります。
HAPPY WOMAN®︎では、共創パートナー企業様の取り組みを、広く社会に情報発信するほか、HAPPY WOMAN®︎公式サイトやイベントでのロゴ掲載、貴社でのHAPPY WOMAN®︎ロゴ使用など、幅広く株主・投資家に訴求できます。

共創パートナー募集中(年間)

共創パートナー関するお問合わせは下記フォームよりお願いします。

HAPPY WOMAN®︎ ビジョン

1)すべての人が自分らしく幸せに生きられる社会の実現
2)女性のエンパワーメントとジェンダー平等
3)女性の力による社会活性化

8つのアクション

1)国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)推進
2)国連が定めた国際女性デーの社会的ムーブメント創出
3)政治・経済分野の女性参画拡大への貢献
4)無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)の解消
5)幸福度・自己肯定感の向上
6)生涯を通じた女性の健康支援
7)次世代へのライフデザイン支援
8)エンターテインメント・メディアと連携した社会的影響力の強化

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

SDGs

 

SDGs
SDGs「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」は他のすべての目標と不可分であると明記されています。ジェンダー平等はSDGsの実現になくてはならない横串です。
女性のエンパワーメントとジェンダーの平等は、持続可能な開発を促進するうえで欠かせません。女性と女児に対するあらゆる形態の差別に終止符を打つことは、基本的人権であると同時に、他のすべての開発領域に対して波及効果があります。
関連記事

ジェンダーの平等を達成し、 すべての女性と女児のエンパワーメントを図る 「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」は他のすべての目標と不可分であると明記されています。ジェンダー平等はSDGsの実現になくてはならない横串です。 女性のエ[…]

ジェンダー平等

国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA への協賛

国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA

毎年3月8日の国際女性デーを記念した日本最大級のイベント『HAPPY WOMAN FESTA』への協賛を募集しています。協賛に関するお問合わせは下記フォームよりお願いします。

国際女性デー

国際女性デーとは? 1904年、ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、国連によって1975年に3月8日を「国際女性デー(International Women’s Day)」として制定されました。 「国際女性デー」は、すばら[…]

国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA
寄付

すべでの人が幸せな社会をめざして 女性のエンパワーメントとジェンダー平等 世界経済フォーラム(WEF)によって発表された「ジェンダーギャップ指数2022」において日本は主要先進国最下位の146カ国中116位。世界のSDGs達成度ラン[…]

HAPPY WOMAN 基金 設立|寄付|DONATION|女性活躍|ジェンダー平等
>国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA

国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA

3月8日は国際女性デー|女性の生き方を考える日
女性のエンパワーメントとジェンダー平等の社会実現を

日本最大級の国際女性デーイベント「HAPPY WOMAN FESTA」を3月8日を中心に全国各地で開催

CTR IMG