働く女性の意識・実態調査2020

新しい時代の幸せな生き方・働き方を考える〜女性のウェルビーング向上に向けて〜

この度、「働く女性のウェルビーイング(心身の幸福)向上」を目的として、働く女性の意識・実態調査を下記の通り、新型コロナウイルス感染拡大前・後の計2回実施しました。

■対象者:20~59歳の有職者(パート含む)
【2月】 スクリーニング調査:3,261名 本調査:「忙しい」と感じてる女性2,000名
【4月】 スクリーニング調査:3,442名 本調査:「忙しい」と感じてる女性2,000名本調査は、20代/30代/40代/50代 各500名を下記4属性別に調査
❶ DEWKS(子供を持つ共働き夫婦)
❷ DINKS(子どもを持たない共働き夫婦)
❸ バリキャリ(管理職以上、婚姻不問)
❹ シングルワーカー(独身)
■調査手法:Web調査(全国対象)
■調査回数:全2回
【第1回】 新型コロナウイルス感染拡大前:2020年2月 【第2回】 拡大後:4月
忙しい女性の意識・行動調査2020(全2回)

◆より詳しい調査結果を知りたい方は、こちらにてご覧ください。

【第1回】 2020年6月:プレスリリース配信

関連記事

忙しさを感じている働く女性に新型コロナウイルス感染拡大前・後に調査を実施。感染拡大前は“仕事・妻・母親”など役割の多さが「疲れ」を感じる主な原因に。感染拡大後には、“経済・健康・将来”への不安感による「こころの疲れ」が加わり、4人に3人が疲[…]

新しい時代の幸せな生き方・働き方を考える〜女性のウェルビーング向上に向けて〜

【第2回】 2020年7月:プレスリリース配信

関連記事

【連載・後編】 NEW NORMAL時代に考えるWithコロナの働き方  忙しさを感じている働く女性に、新型コロナウイルス感染拡大前・後に調査を実施。感染拡大後のテレワーク経験率は2.4倍に増加するも全国平均では26%にとどまり、エリア[…]

新しい時代の幸せな働き方

上記結果の課題解決に向けて、“NEW NORMAL”時代に最適な生き方・働き方を考えるヒントとなる情報を6月・7月に連載にてお届けさせていただきます。

【2020年6月】新しい時代の「幸せな生き方」

【インタビュー】前野 隆司氏&マドカ氏|幸福学|慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科

【2020年7月】新しい時代の「幸せな働き方」

【インタビュー】浜田 敬子氏|Business Insider Japan 統括編集長/元アエラ編集長

チョコラBBブランドは “疲れた時と肌荒れに”「チョコラBBプラス(第3類医薬品)」や、“つらい疲れに”「チョコラBBローヤル2(指定医薬部外品)」など商品の販売を通じて、すべての女性のキレイと元気を応援し、イキイキと輝ける社会の実現を目指していきます。

国際女性デー

国際女性デーとは? 1904年、ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、国連によって1975年に3月8日を「国際女性デー(International Women’s Day)」として制定されました。 「国際女性デー」は、すばら[…]

国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA
寄付

すべでの人が幸せな社会をめざして 女性のエンパワーメントとジェンダー平等 世界経済フォーラム(WEF)によって発表された「ジェンダーギャップ指数2022」において日本は主要先進国最下位の146カ国中116位。世界のSDGs達成度ラン[…]

HAPPY WOMAN 基金|寄付|国際女性デー
>国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA

国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA

3月8日は国際女性デー|女性の生き方を考える日
女性のエンパワーメントとジェンダー平等の社会実現を

日本最大級の国際女性デーイベント「HAPPY WOMAN FESTA」を3月8日を中心に全国各地で開催

CTR IMG