共創ワークショップ 第5回|HAPPY NAiL 開発会議 Vol.1 レポート

HAPPY NAiL|ハッピーネイル 共創プロジェクト始動

東芝デジタルソリューションズとの共創プロジェクト『HAPPY NAiL|ハッピーネイル』商品開発が2017年12月20日(水)、東芝ビルディング(東京・芝浦)でスタート。

『HAPPY NAiL|ハッピーネイル』とは東芝の立体画像認識技術を活用した、爪にぴったりとフィットする3Dネイルチップが作れる画期的な新サービス。更に進化していく技術と共に、女性がHAPPYになれるオリジナルネイルチップ開発に、様々な企業の社員や一般の女性が参加しました。

冒頭、HAPPY WOMAN実行委員会の実行委員長 小川孔一からのプロジェクト概要説明後、美容業界の先駆者として、全国に「ヘアカラー」を普及させた「kakimoto arms(カキモトアームズ)」の村松亜子取締役(兼広報・ブランディングマネージャー)から、『新しいことを始めるということ』をテーマに公演いただきました。

続いて、東芝デジタルソリューションの大友雅裕プロジェクト担当から、これまでのネイルチップの開発状況やこれからの進化、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)での紹介事例など、夢のあるワクワクする未来予想図の説明が行われ、その後ワークショップスタート。

(Photo:Chie Suzuki)

ワークショップは個人ワークとグループワークを展開し、今後開発したい『HAPPY NAiL|ハッピーネイル』の特長やビジネス展開プランを、様々な業界の視点で意見を出し合い、アイデアをまとめあげ。
グループごとの発表では、代表者が各チームのプランを紹介。これまでない画期的なアイディアが多数発表されました。

今回出たアイデアも参考に、まずは2018年3月の『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA 2018』に向けた第1フェーズの開発を進めていきます。

女性のみなさんをネイルで“HAPPY”に。