【HWF2017ゲスト】倉木 麻衣

Profile

1982年生まれ。倉⽊麻⾐作品のサウンドプロデュース、コラボレートを続けるボストンCybersoundへ
レコーディングのため渡米したことがきっかけで1999年10月、16歳で“Mai-K”名義の『Baby I Like』で全米デビュー。

同年12月8日、倉木⿇衣として『Love, Day After Tomorrow』で日本デビュー。同作よりミリオンヒットを立て続けに生み出し、1stアルバム『delicious way』は400万枚を超える大ヒットを記録し、日本を代表する女性シンガーとなる。CDのトータルセールスは2,000万枚を突破し、デビュー以来シングル40作全てがオリコンTOP10入りし、ソロアーティスト歴代1位記録を更新中。

近年では音楽活動と平行して、東日本大震災の復興やカンボジア寺子屋支援などの社会活動にも積極的に参加している。
2017年2月15日に約5年ぶりとなるアルバム「Smile」をリリースする。

HAPPY WOMAN テーマソング

「HAPPY WOMAN」テーマソングを倉木麻衣氏が担当することが決定し、3月8日会場にてプロジェクトの詳細を発表します。歌手活動だけでなく福祉やボランティア活動にも注力し、国内外で様々な人々と触れ合ってきた倉木麻衣氏。東日本大震災後の東北地方へのチャリティ活動、カンボジアでの寺子屋設立プロジェクトなどの経験を積んできた彼女の歌の力ですべての女性たちにエールを送っていただきます。