実行委員会サポーター規約

名称

第1条 本会は、HAPPY WOMAN実行委員会(以下、「実行委員会」という)と称する。実行委員会は、別に定めるHAPPY WOMAN共創コンソーシアムにおける幹事会員(法人)と、有志による個人サポーター(以下、「実行委員会サポーター」という)により構成、運営される。

目的

第2条 実行委員会は、下記の2点を目的として年間を通じて活動を行うものとする。
(1)HAPPY WOMAN PROJECTを女性が輝く社会の実現・地域活性化及び産業化に繋げ、国力の底上げに貢献する。
(2)すべての女性が豊かな人生を送るべく、家庭のみならず職場においても女性の生き方、働き方を男女ともに考える機会を創出し、女性の活躍を推進する。

事務局・役員

第3条 実行委員会は、前条の目的を達成するため、一般社団法人ウーマンイノベーション(東京都港区赤坂6-6-2-3F)内に事務局を置き、その運営業務はHAPPY WOMAN株式会社(東京都港区赤坂6-6-2-3F)が請け負う。また、実行委員会には次の役員をおく。
(1)委員長 1名
(2)副委員長 1名
(3)事務局長 1名

役員の任期・職務

第4条 役員の任期は本会の解散までとし、役員の職務は、次のとおりとする。
(1)委員長は、実行委員会を代表し、会務を総理する。
(2)副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。
(3)事務局長は、実行委員会の円滑な運用管理を行い、会務を実行する。

実行委員会サポーターの承認

第5条 実行委員会は、HAPPY WOMAN PROJECTの趣旨に賛同し、協力を希望する個人から登録の申請を受けた場合において、実行委員会サポーターとして承認する。ただし、以下の項目に該当する場合は、承認をしない場合がある。
(1)実行委員会の趣旨および本規約に賛同していないと判断した場合
(2)登録の記載内容に虚偽の記載があったと判明した場合
(3)実行委員会サポーターになろうとするものが著しく社会規範に反する場合、または、その恐れがあると判断した場合
(4)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に掲げる暴力団、同条第6号に規定する暴力団員である役職員を有する団体並びにそれらの利益となる活動を行う者である場合
(5)その他、実行委員会サポーターとすることを不適当と判断した場合

実行委員会サポーターの除名

第6条 実行委員会サポーターは、次の各号のいずれかに該当するときは、事前の告知を要せず、実行委員長及び役員の決議により、除名を決定できるものとする。
(1)本規約その他の規則に違反したとき
(2)委員長ないしは役員の指示に従わないとき
(3)実行委員会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき
(4)実行委員会内およびその関係者に、不和、争いをもたらす言動を行ったとき
(5)その他の除名すべき正当な事由があるとき

実行委員会サポーターの会議

第7条 実行委員会サポーターの会議は、必要に応じて委員長が招集し、委員長がその議長となる。

実行委員会サポーターの業務と報酬

第8条 実行委員会サポーターの業務は、委員長もしくは代理の役員により、各実行委員会サポーターに対して、個別に相談し依頼される。また、基本的にすべての業務は無報酬とするが、以下の事項に該当する場合は、委員長と協議の上、相当の報酬が支払われる場合がある。
(1)イベントの協賛金等の獲得のための紹介をした場合
(2)実行委員会が報酬を得られる業務に対して責任ある役割を担った場合
(3)その他、報酬が支払われるのに相応しい業務を行った場合

実行委員会サポーターの表示と活動

第9条 実行委員会サポーターは、実行委員会のホームページ等により公表され、また、委員長が認めた場合において、実行委員会サポーターとしての名刺を携帯して活動することができる。(名刺制作の実費は実行委員会サポーター本人が負担する)ただし、活動の際に、第三者に対して発言する内容、メール文章、開示する資料、企画・運営に関しては、委員長が承認したものに限る。

委任

第10条 この規約に定めるものの他、実行委員会の運営および実行委員会サポーターについて必要な事項は、委員長が定める。

解散

第11条 本会は、第2条に掲げた目的を達成した時点で解散する。

以上
第1版 2017年8月1日制定