京都女子大学×HAPPY WOMAN|Happy Action Labo

京都女子大学×HAPPY WOMAN|Happy Action Labo

世の中がどう変われば、
私たちはしあわせなんだろう。

ジェンダー平等やSDGs。
さまざまな考え方や価値観がある中で、
本当に必要なことは、なんだろう。
誰もがしあわせになれる社会って、なんだろう。
いままでにない新しい答えを、
導き出せる女性を育てていくために。
京都女子大学と「HAPPY WOMAN®」との
産学連携プログラムをはじめました。
自らの力で、社会を変えていける人材育成を、
加速させていきます。
京都女子大学は、2020年に新たなグランドビジョンを策定し、重点課題としてジェンダー平等の実現やSDGsの達成などに取り組んでいます。その一環として、「HAPPY WOMAN®」との産学連携プロジェクトを発足。京都女子大学の学生が企業の方々と関わりながら、社会課題の解決策を探究していくプロジェクトです。学生が実際に社会で働く方々から話を聞き、議論することで、自分自身で意思決定することの必要性を学び、未来を切り拓いていく人材となることを目指します。
京都女子大学×HAPPY WOMAN®️|Happy Action Labo
京都女子大学竹安学長とHAPPY WOMAN®️小川実行委員長

最新情報

女性の力を、社会を動かす力に 国際女性デーにむけて、京都女子大学とHAPPY WOMAN®による産学連携プロジェクト「Happy Action Labo」が今年も始動。


プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES

学校法人京都女子学園のプレスリリース(2022年3月8日 11時00分)<あなたは、リーダーになれる。>京都女子大学が国…

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES

学校法人京都女子学園のプレスリリース(2021年11月30日 15時00分)ジェンダー平等社会に貢献する女性リーダーの育…


京都女子大学は2020年に創基100周年を迎え、新たな100年に向けた目標として第2次グランド・ビジョン(※1)を策定しました。第1項目は、ジェンダー平等の実現に貢献する人材の養成、第2は、SDGs達成に貢献する大学、第3は多様性の実現と女性の生涯にわたる学びの支援、第4は世界の大学との連携、第5は新たな価値の創造です。

特に第1のジェンダー平等の実現に貢献する人材養成は、日本社会にとって最重要課題の1つであると考えています。これに基づき「Happy Action Labo」は、社会の中で自ら手を挙げ、意思決定権を持ち、その意思を実現へと導く女性を育てることを目的としております。

そして、「ジェンダー平等を実現するためのアイデア」をテーマに、学生と企業によるワークショップで議論を行い、3月5日に開催予定の『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA KYOTO 2022』にて、学生によるプレゼンテーションを実施する産学連携プロジェクトをスタートします。参加する学生は、本プロジェクトに込めた想いに共感し、学部・学年に関わらず、積極的に参加意思を表明。全体を通して、学生自身が主体となり、プロジェクトは進行してまいります。

※1 京都女子大学新グランドビジョン:https://www.kyoto-wu.ac.jp/daigaku/vision/grandvision.html

2021年度の取り組み

 本プロジェクトでは、「ジェンダー平等を実現するためのアイデア」をテーマに、3月5日に開催予定の『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA KYOTO 2022』でのプレゼンテーションに向けて、11月から2月に企業と学生によるワークショップで企画をまとめていきます。「HAPPY WOMAN®️」と共に、HAPPY WOMAN実行委員会の委員でもある三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の吉高まり氏、女性応援ブランドのチョコラBB(エーザイ株式会社 コンシューマーhhc事業部)、LUX(ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社)もこのプロジェクトを応援します。

会員登録

京都女子大学×HAPPY WOMAN|Happy Action Labo
最新情報をチェックしよう!
>国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA 2023

国際女性デー|HAPPYA WOMAN FESTA 2023

3月8日は国際女性デー|女性の生き方を考える日
女性のエンパワーメントとジェンダー平等の社会実現を

7年目を迎える日本最大級の国際女性デーイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2023」を3月8日を中心に全国各地で開催

CTR IMG