【HWF2017講師】作詞家・作家|吉元 由美

Profile

作詞家 作家 淑徳大学人文学部表現学科客員教授
日本語検定委員会審議委員
一般財団法人ドイツ歌曲普及協会 評議員

東京生まれ。成城大学英文学科卒業。
広告代理店勤務の後、1984年作詞家デビュー。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、安倍なつみ、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。
2014年公開「宇宙戦艦ヤマト2199〜星を巡る方舟」のエンディングテーマを手がける(歌・平原綾香)。
2008年、東宝ミュージカル「RENT」の全訳詞を担当。
1990年小説「さよなら」(マガジンハウス)を出版。
エッセイストとしても幅広く活動し、著書に『読むだけでたくさん「奇跡」が起こる本』『ひとり、思いきり泣ける言葉』『40歳からの心を美しく磨く私の方法』(三笠書房)『あなたの毎日が「幸せ」でいっぱいになる本』(PHP研究所)『みんなつながっているージュピターが教えてくれたこと』(小学館)『凛として立つ』(三空出版)『こころ歳時記』(ディスカバー21)『美醜の境界線』(河出書房新社)などこれまでの著書は50冊を越える。6月に最新刊「自分の言葉をもつ人になる」(サンマーク出版)、今夏「年を重ねるほど美しく幸せになっていく女性の理由」(大和書房)「大人の結婚」(水王舎)がリリースされた。
また「吉元由美のライフアーティスト・アカデミー 」を主宰。「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、感性と心、言葉を磨いて人生を創造していくサロンセミナー、「言の葉塾」、講演などを展開している。

吉元由美オフィシャルホームページ
http://www.yoshimotoyumi.com